ペレットストーブをつけました。

ペレットストーブをつけました。
寒い日がつづきます。会社にペレットストーブをつけました。 

ペレットストーブとは、薪の代わりにペレット(木屑のチップ)を燃やすストーブです。
ペレットストーブをつけました。
煙突もまきストーブのように大げさでなくコンパクトです。

ペレットストーブをつけました。
オーストリアのRIKAk製のペレットストーブの特徴は、

その燃え方が薪ストーブのようなゆらめく炎です。
ゆらめく炎はただ見つめているだけで、時間を忘れてしまうほどの

魅力があります。

グレーの部分は石で出来ています。暖められ、ストーブを夜消しても、

輻射熱効果で朝まで暖かさを維持できるのです。
ペレットストーブをつけました。
燃料のペレットはこんな感じです。ホワイトペレットとバークが混ざったもの

(安い)2種類 あります。、

ホワイトペレットの方がカロリーが高く、灰も少なく済みます。

ご興味のあるかたどうぞご来店ください。



ちなみに、 平成25年度八戸市木質ペレットストーブ導入支援事業で、

15万(設置費1/3)補助金のをいただきました。

さらに、林野庁の木材利用ポイントで5万もらえます。